たらこの日記

若者と呼ばれている君へ

MENU

一人暮らしの通信費節約にはモバイルルーターとMVNOが最強だ

f:id:tarako_kun:20170408123630j:plain

月々の通信費が高い。
スマホと自宅のネット回線で1万円弱という人も多いのではないだろうか。
ちなみに僕の月々の通信費は5千円前後だ。
しかも、ネットは使い放題で月末の通信制限もほとんど気にしたことがない。
今回は僕がたどり着いた通信費の節約方法を解説したいと思う。

僕のネットの利用状況

■外出先で作業(ネットサーフィン)することが多い

僕はPCを持ってカフェに行くのが大好きだ。
特にオフィス街のカフェがオススメだというのは過去のエントリーを見ていただければと思う。 

tarako-tarako.hatenadiary.jp

tarako-tarako.hatenadiary.jp

僕は作業という名のネットサーフィンを週に2-3回カフェで行う。

■家でもネットをよく使う

カフェだけでなく、自宅でもネットを使うことが多い。
特に、DaiGoのニコ生やYouTube、オーディオブックのダウンロードなど結構な大容量を自宅で使う。

■音楽を聞くのは基本ストリーミング

自慢じゃないがiTunesには1曲も入っていない。基本はYouTubeだったりAmazon Musicだったりニコ生だったり、ストリーミングで音楽を聞いている。
移動中はダウンロードしたオーディオブックを聞いていることが多いので、音楽を聞くのはカフェの隣の席がおばさんやおしゃべり女子だった場合くらいだ。

そんな僕がたどり着いた通信費節約方法

基本戦略は以下の通りだ。

光回線じゃなくでもストレスなく通信できる

モバイルルーターの中でも、高速通信が可能なものがある。
代表的なのがWiMaxY!mobileから出ているモバイルルーターだ。
WiMaxKDDIY!mobileSoftBankのグループ会社だ。
実際に「フレッツ光WiMaxY!Mobile、モバイル回線(Docomo)」で比較してみた。

f:id:tarako_kun:20170408123645j:plain

僕のような利用方法であれば体感値として40Mbps出て入れば全く問題ないし、光回線も40Mbps程度しか出ていないこともわかった。

モバイルルーターを常時ONにしてスマホに接続

モバイルルーターはバッテリーが10時間近くもつものが出てきている。
僕の場合はポケットにスマホ、カバンモバイルルーターをONにした状態で家をでる。
とはいえ、バッテリーの不安はゼロではないので、
会社や作業する場所に着いたらスマホモバイルルーターを充電する、モバイルバッテリーを持ち歩く、という運用でカバーしている。
ちなみに僕の使っているのはこのモバイルバッテリーだ。
大きすぎず、急速充電もできて、USB口も二個あるので気に入っている。安心の日本メーカーということもあり結構人気なようだ。

■「速度制限なし」の条件をしっかりと理解しておく

通信制限なし」といっても、条件がいくつかある。
大雑把に言うと、「通信できるエリアが狭い電波のモードを使うんだったら使い放題ですよ」ということだ。
裏を返せば、「通信できるエリアは狭いが、そこがあなたの生活圏内であれば、何も気にせずに使い放題ですよ」ということになる。
僕の場合は、新宿、渋谷、六本木、赤坂、銀座あたりが行動エリアだ。
このエリアであれば全く問題なく使えているということをお伝えしたい。

最後にたどり着いた僕の使っている通信プラン

僕の場合は以下のプランで月々5,000円くらいでネット使い放題なのだ。

通信費の節約をしたい場合はぜひ参考にしていただければと思う。

おしまい。