たらこの日記

若者と呼ばれている君へ

MENU

【メルマガ】藤沢数希の「週刊金融日記」 第259号 を読んでオバマケアについて調べてみた

みんな大好き金融日記

今週も「2.今週のマーケット」コーナーを読み飛ばさずに色々調べてみたいと思う。

今週のトピック

3月第4週(3/20-3/24)の日経平均株価は週間で1.3%安の1万9262円53銭で引け続落した。21日火曜日、トランプ大統領は目玉公約のひとつであった医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案でライアン下院議長が意見を集約できないとの報道から、大統領の政策実行力に大きな疑問符が付き、米国株は急落した。24日に、トランプ大統領はオバマケア代替法案を撤回した。

安倍政権支持率急落、トランプ大統領政策実行力に疑問符、相場の潮目は変わったのか(金融日記 Weekly 2017/3/17-3/24) : 金融日記

さぁ今週もさらっと書かれているが、僕には全くわからない。

今更感は否めないが、ひとまず「オバマケア」に関してまとめてみよう。

オバマケアとは

オバマケアについては、コトバンクにある3件の説明を読むとよくわかる。

kotobank.jp

僕なりの解釈でまとめてみよう。

オバマ氏が大統領になった当初、普通に働いていて比較的お金のある人は民間の医療保険に加入できるので病気になっても病院に行くことができるが、お金に余裕のない人たちは医療保険に加入できず、病気になっても病院に行けないということが発生していた。

オバマ大統領は、「お金のなくて保険入れなかった人には補助金出すし、保険入っている人もちょっと安くなるからみんな保険に入ってね」という制度を作った。

これが「オバマケア」と呼ばれているものだ。

なんか良さげなオバマケアを廃止したい人がいるのはなぜ?

以下のリンク先がわかりやすいが、お金に余裕のあって保険に入っていた人にとっては「安かろう、悪かろう」な政府の作った保険は必要ないし、お金のない人のために税金が使われるのは嫌だよっというのが理由なようだ。

www.newsweekjapan.jp

トランプさんはどんな主張をしているか

医療政策に関する7つの公約の1つに「オバマケア撤廃」を掲げていました。

しかし、金融日記にも「24日に、トランプ大統領はオバマケア代替法案を撤回した」と記載がある通り「やっぱ無理!」という感じになってしまった。

となると、今後、その他にトランプが公約として掲げていたことも「やっぱ無理!」的な感じになってしまうんじゃないかという不安から株価が急落した、ということのようだ。

 

おしまい